今年6月の静岡県知事選。岩井氏は急きょ、国土交通副大臣を辞して出馬することとなった。 結果は現職の川勝平太氏が4選を決め、自民党が推薦や支持した候補はここ12年で苦杯をなめている。 岩井氏は短い準備期間の改善を党に提言しつつ、候補者の本格論戦の場を設けるべしとも主張する。

[前参院議員、前国土交通副大臣]
岩井 茂樹氏
1968年生まれ。名古屋大学大学院で工学研究科地圏環境工学科専攻、96年に建設会社入社。2010年に参院議員として初当選した。菅義偉内閣で国土交通副大臣を務め、21年の静岡県知事選に出馬するため退任した。

 静岡県知事選挙は急な出馬となったにもかかわらず、県民の皆さんの温かいお声がけを頂きました。市議、町議の先生方から「自分の選挙以上に応援活動に注力した」というお言葉も頂き、本当に感謝の念に堪えません。自民党の支持者ではない方からも投票していただき、約62万票を得ることとなりました。

 ただ、結果としてお返しできなかったのは申し訳なく、私の力不足を痛感しています。静岡県政の閉塞感を打ち破ってほしいとの期待に対し、お応えできなかったのは無念です。

 準備期間が短かったのは自民党としても私としても反省点です。静岡県知事選では過去4回ほど、同じような状況が繰り返されてしまいました。4年後には必ず知事選があると分かっているので、本来なら選挙後すぐに次の準備をすべきです。

 それがうまくいかず、一部の方々のみで候補者を考え、内々にアプローチする手法を毎回採ってきました。そして直前に候補者が代わり、焦って新たな候補が出て急ごしらえで選挙戦に挑むというパターンです。

自民系候補、現職に苦戦
●静岡県知事選、過去4回の得票数
<span class="fontSizeL">自民系候補、現職に苦戦</span><br />●静岡県知事選、過去4回の得票数
注:川勝氏と自民系以外の候補者は割愛している
[画像のクリックで拡大表示]

県民に選択肢を示す

 私はずっと国会議員を続けてきたなかで、地元の静岡県の将来を決める大事な選挙なので、県民の方々に選択肢を示さなければという思いに至りました。有権者の方からも知事選は一体どうするんだという声が自民党に届いていました。現職が有利な状況ではありましたが、負けても構わないなどとは全く思っていませんでした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1563文字 / 全文2435文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。