日本を代表する演出家、蜷川幸雄氏が率いたシニアの劇団が12月に解散する。劇団員の高齢化に加え、コロナ禍が追い打ちをかけた。劇場では新芸術監督のもと、違う形でシニアの輝ける場所を模索する。

[埼玉県芸術文化振興財団業務執行理事]
渡辺 弘氏
1953年栃木県生まれ。演劇ジャーナリストとして活動後、銀座セゾン劇場の開設準備などに携わる。東急文化村シアターコクーンの運営・演劇制作やまつもと市民芸術館の開設準備・企画運営を経て、2006年から現財団に携わる。

 彩の国さいたま芸術劇場(さいたま市)を活動拠点とする高齢者の劇団「さいたまゴールド・シアター」を2021年中に解散することを決めました。演出家の故・蜷川幸雄さんが中心となり、55歳以上のシニアのみで構成する劇団として06年に創設し注目を集めていましたが、残念ながら高齢化やコロナ下で続けるのが難しくなってしまいました。

 48人の劇団員でスタートした当劇団は、創設時から一度もメンバーの入れ替えをしておらず、劇団員も平均年齢が現在81歳を超えました。蜷川さんが16年になくなったあとも頑張って続けていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大で、ご家族も心配するため集まって練習することすらもままならなくなり、潮時と判断しました。

“普通の生活者”を演者に

<span class="fontBold">さいたまネクスト・シアターと共演した「リチャード二世」の舞台</span>(写真=宮川 舞子)
さいたまネクスト・シアターと共演した「リチャード二世」の舞台(写真=宮川 舞子)

 「プロとしての訓練を受けていない、年齢を重ねた生活者が表現する演劇を作ってみたい」。当劇場の芸術監督に就いた蜷川さんが長年温めていた構想を実現すべく、06年に立ち上げたのが当劇団です。

 オーディションの応募総数は1273人。北海道から九州、さらにはハワイから日帰りで来た人もいました。蜷川さんは応募要件を満たす55~80歳までの1000人以上のうち、全員の審査に立ち会いました。専業主婦や元アナウンサー、元自衛隊員など様々なバックグラウンドの人が集まりました。

 「高齢者をシルバーと呼ぶのは嫌なんだ。クレジットカードでも何でも、最後はゴールドだろ?」。蜷川さんの一言で劇団の名前も決まりました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1846文字 / 全文2706文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。