2021年正月の箱根駅伝。最後の最後にまさかのドラマが用意されていた。前半から独走していた創価大学が突如として崩れ、駒沢大学に逆転されて2位に沈んだ。アンカーが襷(たすき)を受けた時の差は3分19秒。リードを守れなかったのは自分の責任と話す。

[創価大学陸上競技部駅伝部監督]
榎木和貴氏
1974年、宮崎県生まれ。中央大学時代は4年連続で箱根駅伝に出場しいずれも区間賞を獲得。3年時は総合優勝に貢献。旭化成に進み、2000年の別府大分毎日マラソンで優勝。19年創価大学陸上競技部駅伝部監督に就任。

 2020年度の目標は、箱根駅伝で3位以内に入ることでした。普段以上の力を出した選手もいましたし、想定を上回るいい流れになりました。テレビの実況アナウンサーは「悔しい2位」と表現されましたが、指導者としては「評価できる2位」だったと思います。

 ただ、優勝が目前だったのも事実です。期待して応援していただいた方々には、残念な思いをさせてしまったという申し訳ない気持ちがあります。

往路4区からトップをひた走ったが、10区の残り2km地点で駒大に逆転された(写真=日刊スポーツ/アフロ)

 敗因は、私の指導力不足に尽きます。確かにアンカーの選手が崩れる形になりましたが、大量リードで襷を受けた彼の微妙な精神状態を見極めきれず、自信を持ってスタートさせることもできませんでした。他の選手を配置していても同じ状況に陥ったと思います。

 駅伝において、メンタル面はパフォーマンスに大きく影響します。レース本番は普段よりも脈拍が速くなり、平常心でいるのは難しい。極端な緊張状態の中では、厳しい練習で培った自信や過去のレースで味わった悔しさといった気持ちの部分こそが、重圧と相手に打ち勝つ原動力となります。

走りに影響するメンタル

 うちのアンカーも襷を受けた時は自分が優勝テープを切るイメージをしていたはずです。ただ、自滅するように崩れ、途中から体が動かなくなった。メンタルが影響したのだと考えています。

完全優勝まであともう一息だった
●創価大学の箱根駅伝成績

 レース全体で事前から意識していたのは、いかに流れに乗るかでした。強豪校が4~5校あって、一度振るい落とされると盛り返すのは難しい。そのため、どんな展開になっても流れについていける選手に1区を委ねました。

 前半、他校の有力選手が崩れるケースが相次ぎましたが、これは、新型コロナウイルス感染症の影響で競技日程がずれ、12月上旬に日本選手権の1万mが開催されたことの影響だと思います。うちは、12月以降は箱根一本に絞って脚作りをしてきましたから。

 総合3位が目標なので、往路も3位以内を見据えていました。強い選手がそろう3区、4区をどうしのぐかがポイントでしたが、この区間でうちの選手が想像以上の力を出してくれました。可能性もあるのかな、とは思っていました。ただ、大差をつけての往路優勝は全く予想していませんでした。

 翌日の復路の前には「先頭で走れる喜びをかみ締めながら走ろう」と選手に声かけをしました。選手に余計なプレッシャーを与えないよう、あえて優勝の言葉は口にしませんでした。

 私も学生時代に走ったから分かるのですが、箱根駅伝で重要なのは、いかに精神的に最高の準備をして試合に臨むかです。プレッシャーが大きくなると不安要素は増幅します。体調面も大事ですが、メンタルの比重が大きいのが箱根という舞台なのです。

続きを読む 2/2 短期間でも成長できると証明
日経ビジネス2021年2月22日号 78~79ページより目次

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。