全2660文字

コロナ禍による利用客減少を受け、4月に約600人のタクシードライバーに一斉に退職を求めた。会社都合の退職で失業手当を支給された方が、ドライバーの生活安定につながると判断したためだ。一連の手法は議論を呼んだが、9月から営業を再開。ドライバーの再募集も進めている。

[ロイヤルリムジン社長]
金子健作氏
1975年、神戸市生まれ。98年慶応義塾大学商学部卒。2002年、不動産業のアイビーアイ(東京・中央)創業。08年、同社傘下のロイヤルリムジン取締役、10年社長。16年からアイビーアイCEO(最高経営責任者)兼務。

 新型コロナウイルス感染症の拡大による利用客の減少を受け、ロイヤルリムジングループは4月8日に約620人のドライバーらに「退職勧奨」を出しました。大部分のドライバーに応じてもらい、事業を停止しました。

 それから5カ月間、新型コロナの情勢を見極めつつ、資金調達や車両の整備、ドライバーの再募集など事業再開に向けて準備を進めました。9月から再出発します。

 「一斉退職勧奨」というやり方が様々な議論を呼んだことは承知しており、従業員やご家族の皆様、お取引先様にはご心配をお掛けしました。このような対応をした理由を説明させていただきます。