東京都内を運航する屋形船の客から、新型コロナウイルスの感染が確認された。春の花見客のキャンセルが相次ぎ、「新規予約ゼロ」の状況が続いている。コロナ収束ともう一度、客足が戻ってくる日を願う。

[屋形船東京都協同組合理事長]
佐藤 勉 氏
1953年秋田県生まれ。高校卒業後に上京し、サッカークラブ選手と会社員生活を経て、結婚を機に東日本橋の舟宿「小松屋」へ。都内には3つの屋形船の組合があり、屋形船東京都協同組合が最大。36事業者で計約150の船を運航する。

 東京都内を運航する屋形船で、新年会に参加していた個人タクシーの運転手から新型コロナウイルスの感染が確認されました。2月14日にその一報を聞き、ただただ驚くばかりで、何も言葉が出てきませんでした。

 当組合の事業者ではありませんでしたが、同じ屋形船の事業者であることに変わりありません。誰が良い、悪いという問題ではなく、キャンセルが相次ぎ、新しい予約が全く入らない状況が続いています。

 屋形船東京都協同組合には現在、36の事業者が加入しており、あわせておよそ150の船を運航しています。私が妻と営む舟宿「小松屋」は1927年、昭和2年の創業です。戦争と高度経済成長期の隅田川の汚染による中断もありましたが、昭和50年代に事業を再開し、40年以上、営業を続けてきました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2137文字 / 全文2715文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。