全2781文字

定員150人と類のない大規模な病児保育施設だった「東海キッズケア」(横浜市港南区)が閉鎖した。年間1億円の赤字で、継続した運営が厳しいと判断したため。横浜市に助成を要望していたものの、かなわなかった。

[岡田眼科院長]
岡田 栄一 氏
1975年、横浜市立大学卒業。東京警察病院、茅ケ崎徳洲会病院勤務を経て88年に岡田眼科開業。横浜市大医学部の客員教授も務める。岡田眼科グループの年商は、診療や眼鏡・コンタクト販売を合わせ約40億円。
2019年12月に営業を終了した東海キッズケアは17室を設け、定員150人と全国的にも例のない大規模な病児保育施設だった

 私たちが運営してきた病児保育施設、「東海キッズケア」が2019年12月で営業を終了しました。赤字経営が続き、横浜市に対して運営費の助成を求めていましたが、受けられる見込みがなかったためです。施設を頼りにしていた利用者には申し訳なく思います。

 東海キッズケアは17年7月に開業しました。岡田眼科と同じビルに所在し、私の妻が社長を務める東海メガネ・コンタクトが横浜市港南区に開業した医療モール内の2階と4階のスペースで運営していました。計17室、定員150人という全国でも例のない大規模な病児保育施設で、利用希望者を断ったことは一度もありませんでした。

 私が東海キッズケアを開業した理由は、少子化が進む中で社会貢献をしたいとの思いがあったためです。