全2653文字

箱根で約60年、修学旅行の誘客に取り組んだ箱根学生旅館連盟が解散。背景には、対応する施設数の減少や修学旅行先の変化などがあった。「時代の流れでやむを得ないとはいえ、寂しさを感じる」と話す。

[箱根学生旅館連盟前会長]
川辺ハルト氏

1954年神奈川県生まれ。和光大学卒。ロックバンドのギタリストとして活動後、家業の「きのくにや旅館」入社。1715年創業で、12代目として父から経営を引き継ぐ。箱根学生旅館連盟は1954年に発足し、2018年12月に解散。

SUMMARY

箱根学生旅館連盟解散の概要

箱根学生旅館連盟は箱根への修学旅行客の誘致を目的に1954年に発足。以来、延べ約1000万人の修学旅行客を扱ってきた。しかし、旅行市場の個人シフトに伴う受け入れ施設の減少や、修学旅行そのものの変質などによって加盟する旅館数は次第に減少。2018年12月に解散し、60年以上の歴史に終止符を打った。

 私が会長を務めていた箱根学生旅館連盟はこのほど解散し、60年以上の歴史に終止符を打ちました。旅行をめぐる様々な環境の変化があったとはいえ、この地に根を張って長い間、活動してきただけに、一抹の寂しさを感じています。

延べ約1000万人を扱う

 箱根学生旅館連盟の目的は、箱根への修学旅行客の誘致を進めることにありました。1954年に発足し、当時は旅館・ホテル41軒が加盟していました。私は解散するまでの最後の10年ほど、会長を務めました。

箱根学生旅館連盟は箱根案内の冊子などに長く携わった

 修学旅行はまとまった人数を扱うため、受け入れるには大部屋や大浴場、大食堂などの団体客向けの施設が必要になります。このため、修学旅行客が伸びていた時には、旅館・ホテルはこうした設備を次々に整備していきました。また、箱根学生旅館連盟では修学旅行客を誘致するには箱根について知ってもらうべきだと考え、箱根町と共同で歴史や見所を記した冊子なども作成。ソフト、ハードの両面から修学旅行客の誘致を進めました。