加えて、格安航空会社の台頭や外国人観光客の急増で整備士の需要が膨らみました。その一方で、理系学生が機械系よりもIT系の学科に集まるようになり、人材供給も漸減しました。需給が逼迫し、採用が計画通りに進みませんでした。

 そして、もう一つの重大な問題が、経営陣が無理に運航を続けている実態に気付いていなかったということです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1670文字 / 全文2778文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「敗軍の将、兵を語る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。