全2992文字

1月に行われたラグビーの全国高校大会(花園)決勝で、初の単独優勝を目指した桐蔭学園高校。前半は5点リードで折り返したが、後半の勝負どころで焦りが出て逆転を許し、2点差で敗戦した。最近10年で7回もベスト4以上にコマを進めている強豪校の悲願は、またもや次回に持ち越された。

[桐蔭学園高校ラグビー部監督]
藤原秀之氏

1968年、東京都生まれ。大東文化大学第一高校でラグビーを始め、高3時に全国制覇。90年に日本体育大学を卒業後、桐蔭学園高校の教員となり、ラグビー部コーチ、2001年に監督となった。10年度の全国大会では同校を初優勝に導いた。

SUMMARY

全国高校大会決勝の概要

第98回全国高校ラグビー大会決勝は、ともにAシードの桐蔭学園(神奈川)と大阪桐蔭(大阪第1)の対戦となった。大阪桐蔭が桐蔭学園を26-24で下し、初優勝を飾った。桐蔭学園は前半を5点リードで折り返し、後半も序盤は優勢に進めた。ただ、徐々に大阪桐蔭の反撃に遭って逆転を許し、東福岡(福岡)と両校優勝した第90回大会以来の王座を逃した。