人口が増え続けると、2030年代には人類に必要なタンパク質が足りなくなるかもしれない──。そんな「危機」をコオロギが救うのか。昆虫に食と地域の未来を託すスタートアップの構想とは。

育てやすさが利点
育てやすさが利点
「コオロギは育てやすく、場所を選ばない」と話す渡邉社長。将来は食品加工工場の近くにファームを設置することも可能だ(写真=小山 壯二)

 JR徳島駅から特急列車に揺られて約40分、吉野川沿いの山間部に位置する人口3万人弱の徳島県美馬(みま)市。閉校となった市立小学校の旧校舎で今、ある生き物の食用に向けた飼育が進められている。

(写真=小山 壯二)
(写真=小山 壯二)

 教室だった飼育部屋の扉を開けると、むわっとした空気が流れた。断熱材で覆われた室内は空調で約30度に保たれ、棚にはプラスチックケースが整然と並んでいる。中で育てられているのはフタホシコオロギ。日本では沖縄県石垣島などの亜熱帯地域に生息している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1748文字 / 全文2071文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「戦略フォーカス」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。