複数にまたがる口座情報を統合して分析するサービスで、中小企業の活動を支援する。金融機関との取引も円滑化させながら、デジタルトランスフォーメーション(DX)も促す。

 金融とITを融合したフィンテックが市民権を得た今、設立から6年弱の企業に金融界の注目が集まっている。オンラインの資金管理システムを提供するエメラダ(東京・港)。信金中央金庫が9月に開始する予定の法人向けデジタルプラットフォームサービスに、NTTグループと肩を並べて参画することが決まった。資金管理や電子インボイス(税額票)の機能を提供する見込みだ。

 エメラダは、企業の経営実態を可視化するシステム「エメラダ・キャッシュマネージャー」を主力製品に据える。ユーザーは主に中小企業で、複数の金融機関にまたがる口座の入出金や預金残高、返済状況などの情報を統合して管理・分析できる。グラフや表を多用し、感覚的にデータを把握できる点が特長になっている。

データを直感的に
データを直感的に
企業は資金繰りの状況をリ アルタイムで把握し、金融 機関と共有する。グラフや 表はシンプルで分かりやす い仕立てだ(写真=吉成 大輔)

 企業が単独で利用すると、月額3300円(税込み)かかる。ただしエメラダと提携している23の金融機関と資金繰りや業績推移の情報を共有すれば、金融機関側の負担により無料で利用できるプランもある。

 キャッシュマネージャーには全国信用金庫協会に加盟する231の信用金庫をはじめ、メガバンクや地域銀行、政府系金融機関など約270の金融機関が協力。特定のソフトウエアが持つ機能やデータを外部から安全に扱えるAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を接続している。それ以外の金融機関については、ウェブサイト上の情報をシステム的に抽出する「スクレイピング」で対応しているが、今後すべてAPIに切り替えていく計画だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1337文字 / 全文2061文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「戦略フォーカス」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。