共通テスト予想問題がヒット

 強みの一つは、教材作成力だ。その底力が発揮されたのが21年の大学入学共通テスト向けの予想問題集。センター試験から移行した初年度のため過去の問題がなく、競合各社はセンター試験の類似問題にとどまった。これに対してZ会は共通テストの試行調査を詳しく分析し、その傾向に合った問題集を発行した。受験生の反響は大きかった。増刷を4回繰り返しても追いつかず、急きょ電子版まで提供するヒットとなった。

 その立役者は、教材づくりの専門部署である「指導部」だ。自社開発にこだわるZ会では、社員324人のうち過半数を超える164人が指導部に所属している。

Z会の教材づくりなどを行う「指導部」の様子(写真=栗原 克己)
Z会の教材づくりなどを行う「指導部」の様子(写真=栗原 克己)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2539文字 / 全文4003文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「戦略フォーカス」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。