この記事は日経ビジネス電子版に『AIで契約リスク見える化、「リーガルフォース」企業価値5倍に』(1月12日)として配信した記事を再編集して雑誌『日経ビジネス』1月24日号に掲載するものです。

契約書に潜む「見えないリスク」を、AI(人工知能)が洗い出して可視化する──。現役の弁護士が作り上げたサービスが企業法務の現場を変えようとしている。「契約書チェックを自動化する」という発想は、いかにして生まれたのか。

(写真=古立 康三)
(写真=古立 康三)

 契約書をアップロードするだけで、AIがその中身を瞬時に読み解く。こちらに不利となる条項や、抜け、漏れがある箇所を洗い出し、修正例まで示してくれるサービス「リーガルフォース」が急成長を遂げている。

サービス開始から3年足らずで1500社を突破
●リーガルフォースの契約数
<span class="fontSizeL">サービス開始から3年足らずで1500社を突破</span><br />●リーガルフォースの契約数
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年4月に正式版の提供を始め、企業の法務部や法律事務所を中心に契約数は1500社を突破した。サービスを開発・提供するリーガルフォース(東京・江東)の社員数は過去1年間で約2.5倍となり、300人を超えた。日本経済新聞社が調べた推計企業価値は310億円(21年9月末時点)と、前年の5.7倍に躍進した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1537文字 / 全文2006文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「戦略フォーカス」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。