広島県に本社を置く社員100人ほどのメーカーが作るレザースニーカーが大人の消費者に人気を集めている。老舗のゴムメーカーから新たに立ち上がった事業が、グループの屋台骨を支えるまでに成長した。国内ではほとんど残っていない古い技術を逆手にとって、付加価値を生み出した。

<span class="fontBold">スピングルカンパニーが手掛ける「スピングルムーヴ」ブランドのスニーカー(左)。製造は手作業が多い(右上)。広島県府中市の本社は入り口付近に靴の模型を掲げる(右下)</span>(写真=右2点:森本 勝義)
スピングルカンパニーが手掛ける「スピングルムーヴ」ブランドのスニーカー(左)。製造は手作業が多い(右上)。広島県府中市の本社は入り口付近に靴の模型を掲げる(右下)(写真=右2点:森本 勝義)

 「ソールの形状が足の裏にフィットするので、とても履き心地がいい」。人気の靴ブランド「スピングルムーヴ」のスニーカーを愛用する40代の男性会社員はニッコリほほ笑みながらこう話す。

 同ブランドのスニーカーはゴム底部分が巻き上がるように靴上部と接合しているため、足になじみやすい。足の甲を覆う本体はカンガルーなどの革を使っており、カジュアルとビジネスのいずれの服装にも合わせられる。値段は1足2万円ほどが主力と安くはないものの、30〜50代を中心とした顧客に人気を集める。

 個性的な外観などからファッション界からも注目され、パリコレクション、ミラノコレクションのショーに採用された。スニーカーブームの中「大人向けのスニーカーブランド」で確かな地位を築いている。

 手掛けるスピングルカンパニーは広島県の南東部、府中市に本社を置く社員100人ほどの靴メーカーで、他のブランドの製品も含めて年20万足ほどを製造する。同じ建物に本社を置く1933年創業の老舗ゴムメーカー、ニチマンが97年に子会社として立ち上げた。ニチマン創業家出身で5代目の内田貴久社長がスピングルカンパニーの社長も兼務する。

 ブランドのスピングルムーヴがスタートしたのは、会社を立ち上げて5年後の2002年だった。同ブランドの定着に伴いニチマングループの一子会社から中核会社に成長。近年はグループ売上高約40億円のうちトップを占め、屋台骨を支える存在となっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1913文字 / 全文2669文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「戦略フォーカス」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。