営業に出て分かったこと

 1986年に入社した岐部氏は施工管理の現場業務を10年務めた後に営業を2年経験し、「建設業界の矛盾を知った」という。技術に優れていても入札では価格競争に強い大手ゼネコンが勝つ場合が多い。しかも工事の請負金額の基になるコストはブラックボックスで、発注者に分かりにくい。「建設業界の信頼は失われている」と感じた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3720文字 / 全文5254文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ケーススタディー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。