新興勢が大手のナショナルブランドと戦い、シェアを奪うのは困難だと、多くのビジネスパーソンは考えるかもしれない。数年前まで小さなスタートアップだったI-neは、ヘアケア製品で売れ筋10傑の3つを占める有力プレーヤーに躍り出た。ブランドの見せ方を突き詰めたSNS強者。データ重視と足で稼ぐ営業も大切にする泥臭さとが成長を導いている。

<span class="fontBold">(1)SNSの自社アカウントを担当するI-neの社員。20代など若手の活躍が目立つ</span>(写真=宮田 昌彦)<br /><span class="fontBold">(2)本社の内装もボタニカルをイメージしている</span>(写真=宮田 昌彦)<br /><span class="fontBold">(3)主力の「ボタニスト」は植物由来成分の配合と中価格帯で人気</span>
(1)SNSの自社アカウントを担当するI-neの社員。20代など若手の活躍が目立つ(写真=宮田 昌彦)
(2)本社の内装もボタニカルをイメージしている(写真=宮田 昌彦)
(3)主力の「ボタニスト」は植物由来成分の配合と中価格帯で人気

 「使用感がよく、価格も手ごろで、このところ続けて使っています」。多くのドラッグストアで大手メーカーの定番品と並び、棚の真ん中に置いてある「ボタニスト」ブランドのシャンプーやトリートメント。愛用する30代の女性会社員はこう話す。店頭では「透明のボトルが目を引く」という。

 植物由来の成分を配合した「ボタニカル」と呼ばれる分野の先駆けとなったボタニスト。ドラッグストアのシャンプーの買物指数(来店者数100万人当たりの売上金額、調査会社トゥルーデータ調べ)で2020年、ボタニスト銘柄は10位までのうち3つを占めた。

SNSから生まれたブランド

「ボタニスト」が売上高の5割を占める
●製品・カテゴリー別の売上高構成(2020年12月期)
<span class="fontSizeL">「ボタニスト」が売上高の5割を占める</span><br /><span class="fontSizeS">●製品・カテゴリー別の売上高構成(2020年12月期)</span>
[画像のクリックで拡大表示]

 ネット通販にも強く、20年の楽天市場年間ランキング「美容・コスメ・香水」で総合2位。ボタニストにはヘアケアのほかボディーソープやスキンケア製品もあり、15年の発売以来の累計で1億本以上を売るヒットとなった。

 ボタニストを手掛けるI-ne(アイエヌイー)は07年に創業。髪を整えるヘアアイロンなども扱い、美容領域にIT(情報技術)を掛け合わせたビューティーテック企業と称している。自社で工場を持たず、生産を外部に委託するファブレスのメーカーで、本社は大阪市。ボタニスト発売後の躍進は目覚ましく、それまで30億円ほどだった売上高が15年12月期に66億円に倍増した。20年12月期は233億円に伸び、同年9月に東証マザーズ市場に上場した。

2015年の「ボタニスト」発売で急成長している
●I-neの連結業績
<span class="fontSizeL">2015年の「ボタニスト」発売で急成長している</span><br /><span class="fontSizeS">●I-neの連結業績</span>
[画像のクリックで拡大表示]
続きを読む 2/4 3000人をリストアップ

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3655文字 / 全文4943文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ケーススタディー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。