値決めの鉄則を覆す

 トライ・アンド・エラーという言葉に促され、現場からアイデアが出てくるようになる。

 4月、1回目の緊急事態宣言が出され、通勤電車の3密が問題となっていたころのこと。「安い追加料金で特急列車に乗れるようにしてはどうか」。サービス内容を決める営業本部でこんな案が出された。鉄道の運賃は認可制だが、割引切符は届け出だけでつくれる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4566文字 / 全文6086文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ケーススタディー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。