学びの「現場」に入る

 有料会員数は20年末で157万人に上り、1年間で2倍になった。新型コロナウイルス禍で学校が休みになり、自宅で学べるデジタル教材の需要が高まった中で、主力である高校生の利用が一段と浸透したからだ。全国に約5000ある高校のうち、スタディサプリ導入校は1年間で2000校へと倍増した。

 まだ競合の少ない市場だが、大手ではベネッセホールディングス(HD)が校務支援や約3万本の授業動画といったメニューがある高校向けサービス「クラッシー」を提供。15年に始め、20年10月の会員数は145万人。同月まで約1年半の会員増加率は3割を切り、リクルートの伸びが目立っている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4747文字 / 全文5791文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ケーススタディー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。