ホンダ、タイ発カブで「らしさ」再発見

伝統のブランドに新風吹き込む
●タイで開発した3つの人気車種

写真上:CT125・ハンターカブは、1981年発売の人気車種CT110の現代版。カスタムを楽しめるよう、大きな荷台(上)には様々な部品を取り付けられる穴を設けた。写真下:新型のスーパーカブ、C125(左)、人気長寿ブランドの新型、モンキー125(右)もタイで開発した (写真=菊池 一郎 )
閉じる