二輪車の旗艦ブランド「カブ」で、アウトドア人気やリターンライダーの需要をつかんだヒット商品が生まれた。 日本とタイの企画・開発チームが連携し、柔軟な発想でホンダらしいものづくりを実現する挑戦があった。 定番商品の伝統を守りながら、新たな価値を生み出していくための国際連携は、大企業病克服のヒントにもなる。

HRS-T(タイ)のCT125開発陣。中央の後ろ手を組む男性が開発責任者の箕輪和也氏

 「伝統あるブランドイメージに固執せずに、令和時代のニーズを正確に捉えた1台といえる。往時のホンダらしい、新しさや楽しさが消費者に伝わったのがヒットの理由ではないか」

 ホンダは2020年6月、排気量124㏄の原付き二種(第二種原動機付き自転車)「CT125・ハンターカブ(以下、CT125)」を発売した。新聞配達や出前など、ビジネスバイクのイメージも強いスーパーカブシリーズだが、CT125は林道などの不整地を走破できる装備を持つ。

伝統のブランドに新風吹き込む
●タイで開発した3つの人気車種
写真上:CT125・ハンターカブは、1981年発売の人気車種CT110の現代版。カスタムを楽しめるよう、大きな荷台(上)には様々な部品を取り付けられる穴を設けた。写真下:新型のスーパーカブ、C125(左)、人気長寿ブランドの新型、モンキー125(右)もタイで開発した (写真=菊池 一郎 )
続きを読む 2/4 予約だけで年間目標に肉薄

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3467文字 / 全文4644文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ケーススタディー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。