背景にあるのは外部環境の急激な変化だ。「人生100年時代」を見据える生保業界では、がん保険などの「生きるための保険」の競争が激化している。アフラックはがん保険で国内トップだが、保険料等収入は1兆4000億円規模で、ここ数年は契約者数の伸び悩みが続く。「何もしないままだと縮小してしまうという危機感がある」と二見通上席常務執行役員CIO(最高情報責任者)は打ち明ける。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4348文字 / 全文5703文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ケーススタディー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。