ヒット商品が生まれにくいといわれる菓子業界で、「プライドポテト」などの新製品が相次ぎ成功。社外から社長として招き入れた「伝説のマーケッター」が社員の意識改革を進めた結果だ。最大手ばかりを見るのではなく、消費者を直視し変化を受け入れる組織へと変わったことが功を奏している。

<span class="fontBold">湖池屋の主力商品や新商品。「プライドポテト 芋まるごと」(前列右端)は食塩不使用。唐揚げを大豆タンパク質で再現した「罪なきからあげ」(左端)は大豆粉をベースにし低カロリーでたんぱく質の摂取もできる。「ハッシュドポテト」(右端)は脂などで指先が汚れにくい</span>(写真=スタジオキャスパー)
湖池屋の主力商品や新商品。「プライドポテト 芋まるごと」(前列右端)は食塩不使用。唐揚げを大豆タンパク質で再現した「罪なきからあげ」(左端)は大豆粉をベースにし低カロリーでたんぱく質の摂取もできる。「ハッシュドポテト」(右端)は脂などで指先が汚れにくい(写真=スタジオキャスパー)

 2月3日、全国のコンビニエンスストアの菓子売り場の光景が変わった。「湖池屋のプライドをかけた本気のうまさ」。そう書かれたポップとともに、棚の横一列にずらりと並んだのは、リニューアル発売したばかりの湖池屋のポテトチップス「プライドポテト」だ。

 菓子業界では、リニューアル時の展開は新商品投入時と比べると縮小しやすい。しかし、今回のプライドポテトは初代を発売した2017年2月時点を上回る初回出荷量を達成。湖池屋で営業を担当する濱田豊志取締役は「生産が間に合うか心配なぐらいの引き合い。出来すぎなぐらいの結果だ」と胸をなで下ろした。

 ヒット商品の不在やロングセラー商品の終売など、明るい話題が少ない菓子業界において、湖池屋の存在感が目立っている。好調なのはプライドポテトだけではない。

 18年9月に季節限定でリニューアル発売した「じゃがいも心地」は、「買えなくなったら困るから、やめないでくれ」と販売の継続を求める電話が相次ぎ、19年2月に通年販売に切り替えた。最近では大豆タンパク質をベースに唐揚げを再現したスナック菓子「罪なきからあげ」を発売するなど、挑戦的な商品も手掛けて話題を集めている。

 「プライドポテト」の単価は普通のポテトチップスよりも数十円高い。単価の高い商品の売れ行きが好調に推移していることで、業績は回復基調にある。20年6月期の売上高の見通しは365億円で、これは5年前の17%増。1%前後で低迷していた営業利益率も2.3%を見込む。

17年春の芋不足による「ポテチショック」後、回復
●湖池屋の売上高と営業利益率の推移
17年春の芋不足による「ポテチショック」後、回復<br><small> ●湖池屋の売上高と営業利益率の推移</small>
[画像のクリックで拡大表示]
続きを読む 2/5 「松本カルビー」誕生で苦境に

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4273文字 / 全文6512文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ケーススタディー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。