国内産業ガス大手のエア・ウォーター。M&A(合併・買収)を繰り返し、農業・食品や医療などの新事業創出に成功した。一発長打狙いの大型買収でなく、数十億円規模の小粒な案件をコツコツ積み重ねてきたのが特徴だ。国内で実績を上げたM&Aとそのシナジーの手法は、今後見据える海外展開でも通用するか。

<span class="fontBold">北海道で運営するトマト農園。グループ内でジュースの製造まで一貫して手掛ける</span>(写真=吉田 悟)
北海道で運営するトマト農園。グループ内でジュースの製造まで一貫して手掛ける(写真=吉田 悟)

 2019年9月中旬、北海道千歳市にある90万m2の広大な農園ではトマトが畑をはうように鈴なりに実っていた。収穫機が上を走ると瞬く間にトマトでいっぱいの箱が積み上がっていく。近くの搾汁工場では収穫したばかりのトマトがジュースの濃縮原料に加工される。出来上がった原料が長野県のパック詰め工場に運ばれると、缶入りの野菜ジュースが完成する──。

 原料の生産からジュースの製造まで一貫して行うこの会社は食品メーカーではない。国内産業ガス大手のエア・ウォーターだ。同社は00年以降、M&A(合併・買収)を繰り返し、事業を多角化することで成長してきた。農園も工場もみな買収によって取得したものだ。

ガス事業の比率は22%に

<span class="fontBold">農業・食品・医療の分野でも産業ガスが活用される</a>
農業・食品・医療の分野でも産業ガスが活用される

 これまでに同社が手掛けたM&Aや提携の件数は、約200件に上る。00年度には連結売上高2208億円のうち55%を占めていた産業ガス事業の比率は、18年度には22%に下がった。農業・食品や医療といった事業が新たな柱となり、19年3月期の売上高は9年前の約2倍の8015億円となった。営業利益でも新事業が産業ガスに近い規模となっている。

 M&A助言会社レコフ(東京・千代田)によると、19年に日本企業が関わったM&Aは前年比6%増の4088件と過去最高を記録した。そのうち、国内企業同士の件数は約3000件という。事業の構造改革や海外市場の開拓を狙い幅広い業種で行われるM&Aだが、その成功率は3割ともいわれている。では、エア・ウォーターはどのようにしてM&Aを繰り返し成功させることができたのだろうか。

M&Aで売上高は3倍以上に
●エア・ウォーター売上高推移
M&Aで売上高は3倍以上に<br /><small>●エア・ウォーター売上高推移</small>
[画像のクリックで拡大表示]
●事業セグメント別売上高
●事業セグメント別売上高
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4887文字 / 全文5725文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ケーススタディー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。