全5746文字

ロボットの基幹部品となる精密減速機の小型分野で世界最大手。大手ロボットメーカーの商品を支える。日本電産という強力なライバルが出現したが、徹底したカスタムメード対応で顧客を離さない。磨くのは、顧客の動向をいち早くつかみ、ニーズを聞き出す営業部隊の提案力と、多品種少量に向く製造力だ。

長野県安曇野市にある穂高工場。大手ロボットメーカー向けにカスタムメードした減速機がずらりと並ぶ(写真=堀田 雅之)

 今年9月12日。中国・上海にはスイスABBのピーター・ボーザーCEO(最高経営責任者)ら世界の機械関連メーカーの経営幹部が集まっていた。ロボット工場の起工式のために同社が招待したサプライヤーのうち日本企業はわずか3社。その1社が、精密減速機大手のハーモニック・ドライブ・システムズだ。

 精密減速機とは、主にロボットの関節部分に使われる基幹部品だ。モーターの高速回転をトルクに変換する役割を持ち、ロボットの動作速度や精度、耐久性を大きく左右する。産業用ロボットの需要が急増した2017年から18年にかけては減速機の供給が遅れ、ロボットメーカー幹部がハーモニックの現場を視察に来るほど欠かせない存在となっている。

 ハーモニックが手掛ける「波動歯車減速機」の基本部品はわずか3点で、小型軽量と高い精度が特徴だ。小型精密減速機の世界シェアは80%の首位で、ロボットだけでなく、日産自動車が開発した世界初の量産型可変圧縮比エンジンや小惑星探査機「はやぶさ」でも採用されている。

 波動歯車減速機の基本特許は既に切れており、これまでも機械部品メーカーが参入する動きはあったが、ハーモニックから顧客を奪うことはできなかった。しかし、ここにきて強力なライバルが現れようとしている。15年に市場参入を発表した日本電産だ。

 永守重信会長CEOの号令のもと、18年には減速機事業に計2000億円を投じる計画が明らかになり、新工場の建設やドイツ企業の買収など本格的に動き始めた。

ロボット需要の動向で売上高が大きく変化
●ハーモニックの連結売上高の推移と、単体の用途別売上高の割合
注:19年3月期

 日本電産にとってハーモニックの牙城は魅力的だ。ハーモニック製品の価格は高いことで有名で、競合が価格勝負を仕掛けてくる中、価格で勝負をすることはない。19年3月期の売上高は前期比24.8%増の678億円で、営業利益は同34.2%増の169億円。約25%の売上高営業利益率がそれを物語る。

 さらに17、18年は注文が殺到したことで、注文から納品まで従来の倍以上の日数がかかっていた。日本電産はそうした顧客の不満を起点にシェアを奪い取ろうと猛攻を仕掛けた。「これまで登場したライバルと同じようにはいかないのではないか」。ハーモニックの経営を不安視する声も上がった。

日経ビジネス2019年12月9日号 58~62ページより目次