減速する欧州市場で独り勝ち

 こうしたWRCでの勢いは、トヨタの欧州での販売台数にも表れている。

 欧州の自動車市場は景気減速などの影響で強い逆風が吹いている。欧州自動車工業会(ACEA)によると19年8月の販売台数は前年同月に比べ8.4%減少。昨年9月から減少基調が続く。

 メーカーごとに見ても下落は顕著だ。19年上期、販売上位10社のうち9社が前年割れだ。日産自動車が24%減、欧米フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が9.5%減と落ち込み幅が大きい。そのなかでトヨタの19年上期の販売台数は前年同期比で0.3%増と、唯一販売台数を伸ばした。

 もともと欧州はトヨタにとって難攻不落の市場だった。販売台数は世界販売の約10分の1で、19年3月期の欧州事業の営業利益1211億円は全体の5%ほど。工場を持つ英国の欧州連合(EU)離脱の行方によってはコストが跳ね上がるリスクもあり、「いつ欧州から撤退してもおかしくないという緊張感がある」(トヨタ関係者)。

 その欧州で、トヨタはここ数年販売台数を地道に伸ばしてきた。18年の販売台数は103万5000台で8年間で28%増。けん引してきたのがヤリスだ。

2017年に初めて100万台を超えた
●欧州トヨタの販売台数
2017年に初めて100万台を超えた<br><small>●欧州トヨタの販売台数</small>
注:EU加盟国以外の欧州も含む
出所:トヨタ自動車
[画像のクリックで拡大表示]
わずかながらトヨタだけが販売増に
●自動車各社の欧州販売台数(2019年1〜6月期の前年同期比)
わずかながらトヨタだけが販売増に<br><small>●自動車各社の欧州販売台数(2019年1〜6月期の前年同期比)</small>
注:シェアの高い順に10社並べた
出所:欧州自動車工業会
[画像のクリックで拡大表示]
欧州は全体の1割ほど
●トヨタの地域別の販売台数比率(2018年度)
欧州は全体の1割ほど<br><small>●トヨタの地域別の販売台数比率(2018年度)</small>
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3133文字 / 全文4579文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ケーススタディー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。