サントリーホールディングスの上場子会社で、主力ブランドの「サントリー天然水」や「BOSS」の販売が好調だ。清涼飲料の国内シェアは上昇し続けており、首位のコカ・コーラグループの背中も見えてきた。強さの背景にあるのが営業手法の転換。マーケティングとの相乗効果も引き出している。

売れ行きが好調な天然水やBOSSが目立つ場所に陳列されていた(写真はイトーヨーカドー木場店)(写真=竹井 俊晴)

 水が国内ナンバー1に──。今年1月、飲料業界で耳目を集める順位変動が発表された。清涼飲料のブランド別年間販売量ではコカ・コーラグループの缶コーヒーブランド「ジョージア」が28年にわたって首位に君臨してきた。ところが2018年、サントリー食品インターナショナルのミネラルウオーター「サントリー天然水」が追い抜いたのだ。ヨーグルトや果実の風味のフレーバーウオーターに加え、炭酸水の大幅リニューアルの効果が、ブランド全体の販売数量を押し上げた。

 サントリー食品は「クラフトボス」のペットボトル入りコーヒーも1人勝ち。「BOSS」ブランドでもジョージアの背中が見えている。営業を管轄する内貴八郎常務執行役員は「営業改革の成果が出て、営業もブランドを育てる力がついてきた」と分析する。

清涼飲料の販売数量とシェアはともに伸びている
●サントリー食品インターナショナルの国内の販売数量とシェアの推移
注:シェアは飲料総研調べ、写真は各年に発売した主な商品
続きを読む 2/5 棚割り主幹のポストを取る

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4939文字 / 全文6166文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ケーススタディー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。