カートにクーポンを送る

 トライアルの祖業は電気製品のリサイクル店で、1984年にソフト開発に参入した。日本と中国にエンジニアを300人以上抱える。90年代に小売りに参入した時からITの活用による流通の革新を経営目標に掲げており、業務アプリの活用や、ポイントカードからの購買データ収集に早くから取り組んだ。

 AI(人工知能)やIoTの技術開発が進んだ今、IT機器をうまく組み合わせれば店舗を根底から変えられると判断し、レジカート、カメラ、サイネージを備えた新宮店やアイランドシティ店のような「スマートストア」を設けた。2018年12月には24時間営業の食品スーパー「トライアルQuick大野城店」(福岡県大野城市)をオープンし、計3店でスマートストアの実験を進めている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3045文字 / 全文4560文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ケーススタディー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。