クラウド会計のパイオニアとして、個人事業主から上場企業まで顧客基盤を拡大させている。創業以来、APIと呼ばれる技術仕様を開示して他社サービスと連携、使い勝手を高めてきた。会計を軸にプラットフォームを目指すビジネスモデルは日本に根付くか。

<span class="fontBold">農作業の合間に「会計フリー」のスマホ画面を開き、父親と話す佐藤寛之さん</span>(写真=陶山 勉)
農作業の合間に「会計フリー」のスマホ画面を開き、父親と話す佐藤寛之さん(写真=陶山 勉)

 4月のある日、静岡市郊外のお茶農園「かわばた園」。農作業のため父親と畑にいた佐藤寛之さんのスマートフォンの通知音が鳴った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4041文字 / 全文4258文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ケーススタディー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。