自動運転やカーシェアの拡大で、日本国内の損保市場は将来的に縮小が予想される。そこで三井住友海上が重点地域と定めるのがASEAN。既に同地域ではトップシェアを誇る。市場の成長を取り込むのはもちろん、新型保険の実験場と位置づけている。

<span class="fontBold">タイで展開する自動車保険では、スマホアプリから連絡するとスタッフ(写真上)がバイクで事故現場に早急に駆け付け、状況を確認する(左)</span>
タイで展開する自動車保険では、スマホアプリから連絡するとスタッフ(写真上)がバイクで事故現場に早急に駆け付け、状況を確認する(左)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3776文字 / 全文3920文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ケーススタディー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。