競争激化の一途をたどる国内の格安スマートフォン(スマホ)市場で健闘している。ユーザーとの交流をとことん重視する戦略が奏功し、口コミや友人の紹介で契約数を伸ばす。コアなファンの意見や知見はサービスの改善にきっちり役立てる。ユーザー囲い込みの極意が同社にはある。

<span class="fontBold">格安スマホサービス「マイネオ」の熱心なファンを集めて桜の植樹イベントを開催(上)。右写真はマイネオの販売店</span>(写真=村上 昭浩、以下同)
格安スマホサービス「マイネオ」の熱心なファンを集めて桜の植樹イベントを開催(上)。右写真はマイネオの販売店(写真=村上 昭浩、以下同)

 3月9日午後1時。宮城県仙台市内の「杜の広場公園」で、ちょっと不思議なイベントが開かれた。緑色のビブスを身に着けた一団が、敷地内や周辺でゴミ拾いに精を出したり、桜の若木をスコップで植えたり。一見すると地域のボランティア活動やCSR(企業の社会的責任)活動のようだが、そうではない。

 主催したのは格安スマートフォン(スマホ)サービス「マイネオ」を手掛ける関西の通信会社、ケイ・オプティコム(大阪市)だ。この日のイベント参加者は10人。年齢層も職業もばらばらだが、全員がマイネオを利用する熱心なファンだ。ケイ・オプティコムから交通費の支給はないが、中には東京や千葉から駆けつけた人もいる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4925文字 / 全文5386文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「ケーススタディー」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。