(写真=船戸 俊一)
(写真=船戸 俊一)

 食品スーパーに携わるようになってから、六十数年。海産物商社から札幌のスーパーへの出向がきっかけでした。北海道から東北、北関東で地域密着の店舗展開を進め、売上高は5700億円を超えました。

 「どういう会社が生き残ったのだと思いますか」と尋ねられることがあります。答えるのは難しいですが、やはり地域の特性をしっかり捉えることではないでしょうか。かっこよく言えば、地域の食文化を守っていくことだと思います。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り982文字 / 全文1190文字

日経ビジネス電子版有料会員なら

人気コラム、特集…すべての記事が読み放題

ウェビナー日経ビジネスLIVEにも参加し放題

バックナンバー11年分が読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。