(写真=柴 仁人)
(写真=柴 仁人)

 銚子電気鉄道は2023年で開業100年になるローカル鉄道で、千葉県銚子市の銚子~外川間、6.4kmを走ります。経営は厳しいですが、全国からお客さんを集めるため、エンターテインメント鉄道として突き抜けようと奮闘しています。

 銚子電鉄の顧問税理士をしていた私が請われて社長に就いたのは12年。業績が悪いですから、運賃引き上げなどに取り組みましたが、従来のやり方に行き詰まりを感じました。犬吠埼など地域に観光資源はあるのですが、車窓からの眺めは決して絶景とは言えないし、20分で終点に着いてしまう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り927文字 / 全文1181文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。