(写真=鈴木 愛子)
(写真=鈴木 愛子)

 富士銀行(現みずほ銀行)に管理職として勤務していた30代、大きな挫折が訪れました。子どもの風疹に感染し、全身の関節が動かなくなったのです。3カ月に及ぶ入院中、握力は8kgまで落ち、ベッドに寝ていても毛布を引き上げることもできない状態となり、医師は妻に「職場復帰は困難」と告げたようでした。妻は黙っていましたが、私は察しました。挫折感がこみ上げ、一人涙したこともありました。しかし、本当の修羅場はその先にありました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1040文字 / 全文1254文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。