(写真=柴 仁人)
(写真=柴 仁人)

 エンジンの先行技術開発にほぼすべてを費やした技術者としてのキャリアは、我慢と挫折の連続でした。懸命に開発した技術が新型車に搭載されるには、商品開発の技術者に採用してもらわなければなりません。ところが、ことごとく拒否されるのです。

 自分の発明じゃない、だから使う気にならない、という心理は分からないわけではありません。それでもしばらくはムカついて気持ちが治まりません。提案はいつも憂鬱でした。あまりにも提案が通らないので、「何もしなくても給料をもらえるならいいわ」と自分に言い聞かせていました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り987文字 / 全文1241文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。