(写真=山下 裕之)
(写真=山下 裕之)

 現在の日本人は昔より若返っています。歩くスピードや握力、知的機能、残存歯数などを調べると、20~30年前よりだいたい10歳ぐらいは若い。ですから私は、「75歳以上を高齢者とすべし」と主張しています。60歳とか65歳で定年を迎えて、そのあとは働くこともなく活動もしないというのは、本当にもったいない。支える側だった人が一夜にして支えられる側に回るのもおかしな話でしょう。

 活動量を減らしてしまうのは、健康にもよくありません。有償労働はもちろん、ボランティア活動もどんどんやるべきです。それが認知症や、虚弱(フレイルティー)という言葉を語源とする「フレイル」の予防になります。働ける人が働いて、同世代の人を助ければ、次世代の負担を減らすことにもつながると思います。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り868文字 / 全文1206文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。