(写真=小林 淳)
(写真=小林 淳)

 地方の中小企業の経営支援に携わって20年以上になります。地元静岡県が設けたSOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)支援施設の現場責任者として、当時勤めていた静岡銀行から出向したのが発端です。以来、形を変えながら、途中で銀行も退職して支援の仕事を続けてきました。相談を受けた企業は全国に7000~8000社あると思います。

 「御社のセールスポイントは何ですか」。こう経営者に問いかけることから支援は始まります。実は答えに窮する経営者が多いのです。自社の強みを客観的に認識することは、戦略立案などのブレーン部門を持たない中小企業の経営者にとって難しいことなのです。既存の製品やサービスへの経営者自身の思い入れや業界の常識も判断を鈍らせます。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り919文字 / 全文1249文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。