日本はルール作りに積極関与を 世論を味方にする戦略カギ

(写真=小林 淳)
(写真=小林 淳)

 世界標準の通信規格をまとめ、技術の世代交代を着実に進める──。移動通信を専門とする技術者として一貫して規格作りに携わってきました。現在は第5世代(5G)の通信サービスが普及期に入っていますが、すでに第6世代(6G)についてどんなコンセプトで規格を作り上げていくか、議論を始めています。

 かつては世界標準の規格が存在しませんでした。1990年代後半、NTTドコモや欧州のノキア、エリクソンなどでつくる「ワイドバンドCDMA(W-CDMA)」陣営と、米クアルコム、米モトローラなどの「CDMA2000」陣営が世界標準の座を巡って激突した第3世代(3G)の規格作りは難航を極め、「技術の標準化なんて未来永劫(えいごう)できないんじゃないか」と悲観的になった時期もありました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り942文字 / 全文1309文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。