R&Dは「現実(Reality)」と「夢(Dream)」大きな方向性と小さな成功体験が現場を動かす

(写真=都築 雅人)
(写真=都築 雅人)

 会社は、世の中や人びとの「こうあってほしい」という期待に応えられる存在でなくてはなりません。そのことを改めて教えてくれたのは、大容量のインクタンクを搭載したプリンター、「エコタンク」でした。

 インドネシアなど新興国の販売店を視察したときのこと。店頭に並ぶエプソン製プリンターからチューブが出て、インクが入ったボトルにつながれていました。印刷コストを下げようと、カートリッジを交換するのではなく、ユーザー自らインクを補充できるよう改造していたのです。「正しい使い方と違う!」と思うところかもしれませんが、違う考えが浮かびました。これこそが利用者が望んでいるプリンターであり、ユーザーはそれを我々に教えてくれているのだ、と。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り910文字 / 全文1275文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。