公務員制度にメスを これからも「正論」を言い続ける

(写真=守口 王仁)
(写真=守口 王仁)

 日本企業を見ると、様々な意見を表明する経営者はいても、どこかで政府に気兼ねしているように思う。「お上はどう言うだろうか」と常に気にしている。政府を無視して突き進む米IT大手のような存在がいない。

 おかしいことが平然とまかり通っているからだろう。東芝はなぜ倒産しないのか。東芝の監査法人は行政罰を受けたが、経営者はいまだ一人もおとがめなしだ。中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席や中国国有企業を「けしからん」なんて言えたものではない。なんちゃって資本主義、実態は社会主義国家のようだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り960文字 / 全文1235文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。