論理と感性のベクトルの足し算で市場をつくる 現場と一体となり、一緒に面白がれる経営を

(写真=上野 英和)
(写真=上野 英和)

 論理と感性。経営者として、常にバランスを考えてきました。理屈に偏り過ぎると面白みが薄れ、感性に偏り過ぎると管理が弱くなりがちです。一方に偏ることなく、状況に応じてコントロールしながら2つのベクトルの足し算でお客様価値と市場をつくっていく。個性豊かな会社であり続けるための条件です。

 ヤマハ発動機は数々の個性的な製品を生み出してきました。水辺で手軽に遊べる世界初のタンデム型水上バイク、世界初の電動アシスト自転車「PAS(パス)」、オフロードスポーツ4輪、軽快感と安定感を追求したフロント2輪スクーター「トリシティ」など。いずれも「もっと面白い乗り物はないか」と発想し続ける現場の情熱に技術を足し込んだ成果です。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り916文字 / 全文1274文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。