女性をケアする産後ドゥーラ養成 職場復帰に貢献したい

 ドゥーラという言葉をご存じでしょうか。語源はギリシャ語で「他の女性を支える経験豊かな女性」という意味です。私は、出産した母親たちをケアする「産後ドゥーラ」を養成しようと、2012年にドゥーラ協会を発足させました。働く女性の活躍が期待されている今、活動の意義をかみしめています。

 産後ドゥーラは個人事業主として母親たちの自宅を訪れ、育児や家事を手伝います。母親がやるべきことは多いですから、ベビーシッターは育児、ホームヘルパーは家事などというようには分けていません。東京都内であれば1時間3000円前後でしょうか。

 しっかり勉強して取得してもらう独自の資格で、新生児の扱い方や産後女性の心理などの座学、調理や救命救急の実習を合計75時間、4カ月半かけて学びます。調理は教科書1冊のレシピを実際にすべて作れるようにしてもらいます。筆記試験と面接に通らなければなりませんが、落ちることもある。厳しいですが、質は落とせません。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り891文字 / 全文1334文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。