言えば責任が生じる。責任を負うと実行するようになる 人のつながりを生む地域の活動を絶やさないでほしい

 生まれ育った浅草で、「おもてなしの心をもって接客しよう」と言い始めたのは1999年でした。浅草の歴史や町並み、どんな店があって、どんな商店主たちがいるのかを広く紹介しようと、「浅草槐(えんじゅ)の会」という集まりをつくりましてね。まだ珍しかったホームページを立ち上げて、お薦めの散策コースや郷土史、年間行事のルポといった、浅草の息遣いを感じてもらえるようなコンテンツをどんどん掲載していったんです。

 この会の理念を「おもてなし」にしようと提案すると、みんなが賛同してくれました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1110文字 / 全文1408文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。