難航したウルグアイ・ラウンドに学ぶ 「本質」「挑戦」「チームワーク」が不可欠

(写真=的野 弘路)
(写真=的野 弘路)

 通商産業省(現経済産業省)の秘書課長時代、新しく入省した人たちに訓示を述べる機会がありました。伝えたのは以下の3つのことです。「本質を考え、現場を見ること」「背伸びをしてチャレンジをすること」「チームワークを発揮すること」。この3点を伝えたのは、それまでの経験を踏まえてのものです。中でも1988年、30代半ばでGATT室長に就いてから携わることになった関税貿易一般協定(GATT)のウルグアイ・ラウンドは印象的な仕事でした。

 86年秋に始まったウルグアイ・ラウンドは93年末に合意するまで7年あまりの年月を要しました。その間、私の肩書はスイスのジュネーブ日本代表部参事官や通商関税課長などに変わりながらも、現在の自由貿易の礎となっているウルグアイ・ラウンドに一貫して携わることになりました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り980文字 / 全文1371文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。