市民、企業のチャレンジが過疎の街を変えた 座していれば衰退。まずは行動を

(写真=伊東 昌信)
(写真=伊東 昌信)

 昨年、16年務めた雲南市長を退任しました。現在、人口3万6000人、高齢化率39.7%という雲南市は2004年、島根東部の6町村の合併で誕生しました。その中の面積30km2の加茂町で4期町長を務めていた私が市長になったのですが、合併で市の面積は553km2と東京23区の約8割に匹敵する規模に。しかも大半は山林で、空き家や独居、高齢者家庭が目立ちました。家庭・自治会・地域の力を高める必要がありましたが、債務残高は850億円にも上り、どう進めるかが問題でした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1129文字 / 全文1403文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。