「専門家より多様家」を実践 経済はサービスで動く その革新が日本経済を救う

(写真=都築 雅人)
(写真=都築 雅人)

 1968年に設立直後の野村総合研究所に入社以来、日本の知識サービス産業の誕生期から現在に至るまでのプロセスをつぶさに眺め、その前線で働いてきました。この間に様々な業務を経験しました。

 野村総研では海外産業調査を皮切りに石油・エネルギー問題、インターネット関連新事業立ち上げなど幅広い分野を経験。理事長時代にはどこでもネットとつながる「ユビキタスネットワーク」という概念を提唱しました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1101文字 / 全文1339文字

日経ビジネス電子版有料会員なら

人気コラム、特集…すべての記事が読み放題

ウェビナー日経ビジネスLIVEにも参加し放題

バックナンバー11年分が読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。