全1352文字

ありふれた言葉はいけない 社員が誇りに思う場を 親しみやすさが大切

 私は風変わりな経営者と見られていたかもしれません。若いころからちょびひげ。「5つの気を考えよう」「『古池や蛙飛びこむ水の音』っていう俳句を知っているかい」などと、ちょっと聞いただけでは訳の分からないことを言う。でもそれは、社員をサポートして会社を元気にしたいと自分なりに考えてのことでした。

 私はソニーで営業を担当した後、グループ再編で今は別の会社になったソニーマニュファクチュアリングシステムズ(SMS)の社長を務めました。SMSで鴻海精密工業に実装機を売っていた縁で声がかかりシャープが大阪・堺につくった巨大液晶工場でも社長を務めました。