プロジェクトにレシピはない まずゴールを見据え、できることを積み上げよ

(写真=JAXA提供)
(写真=JAXA提供)

 小惑星探査機「はやぶさ2」が12月、地球に1つのカプセルを届けに戻ります。小惑星「りゅうぐう」の石や砂で、宇宙の新しい発見がもたらされるかもしれません。思い起こすのは、私が開発リーダーだった初代はやぶさです。今年は地球に帰還してちょうど10年になります。

 プロジェクトは苦難の連続でした。例えばカプセル回収場所の事前の確保です。日本は、単独で宇宙から何かを回収した経験はありませんでしたから、勝手が分かりません。100km四方の広大な土地が必要でしたが、日本には適切な場所がない。そうした中で米ユタ州の砂漠が候補になった。国防総省の演習場があり、何がどこへ飛んでくるのか把握できるなど、我々に好都合でした。だが、許可が下りない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り973文字 / 全文1330文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。