失敗や苦しみは友達 危機にこそ目標共有する 手元現金は常に確保を

(写真=菊池 一郎)

 新型コロナウイルスでは弊社も経営に打撃を受けています。日本生産性本部の日本経営品質賞を頂いたことで手掛けるようになった経営サポート事業と、ダスキンの代理店という2本柱で月商6億円ほどあるのですが、前者で開くセミナーが次々にキャンセルになりました。一気に7億円分を失い、毎日返金ばかりしていましたね。

 4月決算で、2月までは過去最高の売上高を見込んでいたんです。終わってみれば、社長を31年務めてきて、初めての営業赤字。でも、落ち込んでなんかいません。数えきれないほど経験してきた試練、失敗の一つなんだと楽観的に捉えています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1038文字 / 全文1342文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。