相次ぐバッシング 苦難を越える原動力は 「救われた」という一言

(写真=鈴木 愛子)
(写真=鈴木 愛子)

 1970年代のコインロッカー・ベビー事件を機に、孤立する母親の育児ストレスを研究してきました。しかし「母性愛神話」「三歳児神話」からの解放に最初に反発したのは女性たちでした。講演後には毎回50~60代の聴講者から挙手があり、「子育てに専念したことに誇りを持っている。あなたも出産すれば分かるはずだ」という意見も寄せられました。人生を否定されたと感じたのでしょう。

 集中砲火を浴びましたが、若い母親からは「救われた」という手紙が度々寄せられました。助産、看護のスタッフによる「母性頼みでは限界」という声にも背中を押されて全国調査を始め、ヒアリング数は6000人にも上りました。そこで国の政策に翻弄される女性の人生を目の当たりにして、社会保障の領域もカバーするようになったのです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り965文字 / 全文1342文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。