問題の本質理解が最重要 センスが理論を選ぶ 哲学と実務を大切にする

(写真=日本経済新聞社提供)
(写真=日本経済新聞社提供)

 日本銀行に39年間勤め、バブルの拡大と崩壊、不良債権問題、グローバル金融危機など、多くを経験しました。日銀の役割は医師に似ていると感じます。医師が守るのは人の健康。日銀が守るのは経済の健康です。病気を予防し、病気になったら治療や手術をする。何よりも信頼関係が大前提となること、対象を十分には解明できていないことも似ています。

 経済の医師の役割を果たすためには、現実をよく観察し、問題の本質を正しく認識することが何より大切です。この信念の原体験は1980年代後半のバブルです。人々は今となっては信じられないほど強気になり、借り入れを著しく膨らませました。典型は不動産やノンバンクで、借り入れを大幅に増やしました。バブルを加速させた大きな一因は長期にわたる金融緩和でした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り952文字 / 全文1325文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。